Syamuは本当は凄い人【 syamu game を分析する】

あなたはこの画像の人物をご存知だろうか?

彼はシャム(Syamu_Game)というyoutube配信者である。


大勢いるなんてこと無い、一配信者に過ぎない存在だった彼がニコ動転載が切っ掛けで有名になった(いい意味でも悪い意味でも、大半は悪い意味だがその後オフ会0人等、数々の離れ業をやってのけた後、「例のアレ」タグにブチ込まれ、無数のネカマ達 シバター の悪意に晒され姿を消してしまう。


だが、引退は終わりではなかった…

本人が姿を消した後も赤の他人によって多数のMADがUPされその総再生数は1000万を超えている。Syamuが引退してから既に二年以上が経過しているが、今なお数々のフォロワーたちによって おもちゃにされ 崇められ続けている。

本人不在の中、これ程長い間人の心を掴んで離さない配信者も珍しい。

普段ネット民のおもちゃにされることの多い彼だが、ここはあえて俯瞰した視点で、Syamu_Gameという配信者を
真剣に分析してみようと思う。


仮説:Syamuは本当は凄い人なんじゃないか?

Syamu Game は非凡な特徴を有した配信者だ。
その根拠をざっと3つ挙げてみた。

  1. 常軌を逸したプラス思考
  2. 驚異的なチャンネル会員数、再生数
  3. 大手配信者たちとの共通点

一つずつ順を追って説明しよう。


シャムのここが凄いその1:常軌を逸したプラス思考

Syamuのプラス思考は常軌を逸している。
それこそが彼の最大の特徴でもあり、落ち度でもある。

Syamuの食品レビューは既製品をそのまま、もしくは組み合わせただけのものがほとんどだが、とにかく高得点が多い。(特にオリジナルメニュー)

基本、何を食っても美味いと言う。(辛いのは苦手のようだが)

冷凍炒飯に冷凍トンカツを乗せレトルトカレーをかけた茶色い塊に80点を付ける。筆者にはエサにしか見えないが幸せそうに食べる。肯定的な動画に対して集まるのは辛辣な否定的意見が目立つ。

オフ会0人にしたって、集合時間から30分過ぎて誰も来なかったら普通は諦めるものだが、彼は2時間以上待ちしかもそれを動画として配信した。最後まで諦めず理想を語っていたのだ。

普通は騙されないようなあからさまなネカマにコロっと騙されてしまうのもプラス思考によるものと言える。会う前から恋人になる前提で妄想を膨らまし、理想を視聴者に語っている。呆れるリスナーの意見を気にも留めない。

シャムの動画は希望的観測に満ち溢れている。

だからこそ、その理想がコナゴナに打ち砕かれる瞬間を見ようと視聴者が集まるのだ。シャムが現実を突きつけられ絶望に引きずり降ろされる、その落差に視聴者はカタルシスを感じるのだ。

数々の誹謗中傷や ネカマ 刺客の理由は、
Syamuが絶望に歪む顔を拝まんが為なのだ。



シャムのここが凄いその2:
驚異的なチャンネル会員数、再生数

syamuがyoutubeで開設したメインチャンネルの2つ↓↓↓
Syamu_Gameの方がチャンネル登録者 3,498 人 視聴回数 5,735,585 回
Syamu_Movieの方がチャンネル登録者 651 人 視聴回数 76,504回
特筆すべきはチャンネル登録者の数だ。
動画の質はどうであれ、この数字は素直に凄いと言える。
多くの有象無象の配信者はこの数字に遠く及ばずに埋もれていく。更に凄いのはシャム自身がUPした動画以外の存在だ。他人がUPしたMAD等を含めると数字は更に跳ね上がる。
そんな彼も最初から再生数が多かった訳ではなく、初期はその殆どが2桁程度だった。
(2011年2月時点で投稿数91本総再生数2908回)
実際にyoutubeで活動したことがある方なら解ると思うが、モチベーションを保ちながら100本近い動画を上げ続けるのは中々大変だ。
Syamuは紛う事無き創作者だ。動画の質はどうであろうと、
この点は賞賛に値するだろう。

シャムのここが凄いその3:
大手配信者たちとの共通点

シャムは大手ニコ生主と共通点がある。
大手ニコ生主の特徴を列挙してみた。
※かなり偏った人選であることは初めに記しておく。
・横山緑:暴言、不倫、裁判
・野田草履:ニート、喧嘩凸、いじめられた過去
・NER:多重債務者
・よっさん:ギャンブル、ディスり
・金バエ:犯罪、童貞
テレビでは放送禁止になってしまうような人がブレイクするのがネットの長所の一つでもある。彼らは一様に高いトークスキルを持つが、テレビでは放送出来ない社会不適合な側面も持っている。
ニコ生は特に負のスキルを持つ配信者が多い。
そんな彼らだが配信で食っていける可能性があるほど、多数の視聴者に囲まれているのも事実。(百花繚乱の様なクリーン系もいるが)
普通のメディアでは埋もれてしまう様な人材が表に出てくるのがニコニコの魅力」

と、ドワンゴ経営陣の多くは述べている。その点は川上、夏野、ひろゆき、皆放送で発言しており、共通認識のようだ。

人は人の負の側面に興味があり、物珍しさで多くの視聴者が集まる。
狂った個人はある意味で社会のニーズに応える存在なのだ。

シャムは、童貞無職ひきこもり3三拍子っており、
そこから滲み出る異常性
が人を集める原因となっていた。(叩かれる原因でもあったが)
そういう意味では極めてニコニコ的な配信者と言える。
完全に開き直る度量があれば上記配信者の様に大手になれたかもしれない。

彼はyoutubeでの活動を主としていたが、ニコニコこそ向いている配信者だったのだ。
転載が切っ掛けでブレイクした事もニコニコ向きである事を裏付けている。

 



結論:今戻ってくれば
本物の大物youtuberになれる

syamuは強い話題性異常性を併せ持つ非凡な配信者だ。
話題が熟成しきった今、配信を再開すれば本当に大物youtuberになる事が
出来ると、筆者は確信を持って断言する。

syamuのズレた発言にイラつきもしたが、大いに笑わせてもらった事も事実だ。人間の多様な可能性を感じさせる彼の動画に、ほんの少し勇気を貰った。正直な自分の気持をここに記しておきたい。

シャムが戻ってくる際、暖かく迎い入れてやれる余裕が今のニコニコ動画にはある筈だ。そう願わずにはいられない。


こちらもどうぞ↓

殺処分される犬猫は食材として中国に出荷すれば良いのでは?【動画あり】
クロロ共闘説の根拠 ハンターハンター最新34巻

もし気に入って頂けたら、宜しければフォローをお願いしますミ★
ツイッター→https://twitter.com/THEENDOFCHICKEN

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。