Darkest Dungeon のDLC:The Crimson Court(クリムゾンコート)が迷わず「買い」な理由を解説

クリムゾンコートサムネイル

Darkest DungeonのDLC:The Crimson Court(クリムゾンコート)が
迷わず「買い!!」な理由を解説

こんにちは! せいびぃあ(@THEENDOFCHICKEN)です。

激ムズローグライクDarkest Dungeon(ダーケストダンジョン)を久しぶりに起動したら何やら大型DLCが配信されていた。

日本語化パッチも既に有志の方がDLC分を更新しているではないか!!

日本語化の手順はコチラ(要steamアカウント)

TheCrimsonCourt01
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あみあみ限定特典】PS Vita Darkest Dungeon[角川ゲームス]《02月予約》
価格:4780円(税込、送料別) (2017/10/31時点)

早速大型DLC:The Crimson Court(クリムゾンコート)を日本語化してプレイ!

プレイした感想と内容の詳細をお伝えしましょう。

追加される内容まとめ

  • 新しいヒーローの追加:鞭打つ者(Flagellant)
  • 新しいダンジョンの追加
  • 新しい敵キャラクターとボスの追加
  • 新しい施設の追加:10棟
  • 新しい装飾品の追加

新Hero「鞭打つ者」の実力

TheCrimsonCourt02

鞭打つ者の性質は大まかに言えば「前衛兼ヒーラー」

メイン攻撃は威力こそ低いものの高い出血性能があり、ガシガシ殴っているととんでもないダメージが加算されていく。

特に長期戦で強いHeroだ。


TheCrimsonCourt03

特徴的なのはHPが50%以下のときのみ使えるスキルで、コレがメチャクチャ強い。

弱った状態から一気に復帰できるため、とにかくタフなHeroだ。

因みにこんな外見だが一応聖職者属性である。


新たな追加要素「クリムゾンカース」が更なるストレスを呼び込む。

TheCrimsonCourt05

クリムゾンコートには吸血鬼の敵が多数出てくるが、こいつらに攻撃を受けた時一定確率でクリムゾンカースに感染する。

この状態になると徐々に衰弱していき、血を飲まないと最終的に衰弱死してしまう。

ただ、血を飲むと一時的にステータスが上昇する。上手く扱えば利用できるとも言えるわけだ。

この追加要素がゲーム全体に新しいアクセントを与えて、面白さが増した。

何時死ぬのか分からくてハラハラする。スリルの増した環境でまた新たに冒険を始めてみては如何だろうか?

長大で手強い新ダンジョン「courtyard」

courtyardでは通常のダンジョンと違ったルールが適応される。

松明を使わなくても明るさが常に最大。暗闇に気を使う必要が無いので探索が楽。

異常に広いマップ

TheCrimsonCourt06

一度の探索ではとてもクリア出来ない程マップが広い。マップから退却し、改めてプレイし直すと前回退却した所からスタートする。

何度も退却しながら少しづつ攻略するのがcourtyardだ。かなり歯ごたえがあり面白かった。

結論:Darkest Dungeonが好きなら迷わず買いのDLC

追加ダンジョンだけでなくゲーム全体の仕組みに様々なアクセントを加えるThe Crimson Court

コレだけの内容で980円はかなりお買い得だと感じた。正直もうちょっと取っても良いんじゃないだろうか。

2018年2月22日にはPS4・VITA・スイッチでパッケージ版、DLC込みの発売が決定してるので、それまで待つのも手だろう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あみあみ限定特典】PS Vita Darkest Dungeon[角川ゲームス]《02月予約》
価格:4780円(税込、送料別) (2017/10/31時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。